iDeCoって何?今話題の金融商品をまるっと解説

iDeCoという言葉を耳にしたことがある方も多いでしょう。idecoとは個人型確定拠出年金のことで、確定拠出年金法に基づいて実施されている、任意の私的年金の制度です。 加入は義務ではなく任意であるため、申し込みは自分自身で行い、掛け金の拠出や運用方法も自分で選んで運用しなければなりません。

iDeCoの特徴

加入した後は毎月一定の金額を積み立てていき、金融商品を選んで運用することになりますが、任意とはいえ年金の形であるため、60歳になるまでは引き出すことができず、60歳以降に年金あるいは一時金で受け取ることになります。 給付額として受け取れるのは、掛け金と運用益との合計額となり、掛け金や運用益、給付を受け取るときには税制上の優遇措置を受けられるのが特徴です。

節税対策にも

積立金額がすべて所得控除の対象となるため、所得税や住民税の節税対策ができ、運用で得た定期預金利息や投資信託の運用益は非課税になります。さらに、60歳以降に受け取るときには、公的年金控除や退職所得控除の対象となるのがメリットです。 2017年1月に加入対象が公務員や主婦、企業年金のある会社員などまで拡大されたことにより、20歳以上60歳未満であればほとんどの方が加入対象となりました。自分が加入できるか不安な方には、加入資格かんたん診断が用意されているため、加入資格があるかはすぐにわかります。

積立金額は5千円から

iDeCoは月額5,000円から掛けることが可能で、それ以上積み立てたいという方は1,000円単位で上乗せができるのですが、加入者の職業などで上限金額が決められていますので、加入前に確認しておきましょう。 iDeCoをはじめるには、まず専用口座の開設が必要です。金融機関によって口座管理手数料や運用商品が異なるため、長期間の運用であることをふまえ、しっかりと比較して自分に合った商品を選ぶことが大切です。 iDeCoは掛け金の休止や再開がいつでも可能という特徴があり、納付方法は本人口座からの引き落としか、給与天引きを選ぶことができます。

注意点

もしも残高不足などがあった場合には、その月は未納とされ追納はできません。掛け金の変更は可能ですが、毎年1月から12月までの間に1度だけ可能となるため、掛け金を変更したいときは時期をよく考えましょう。 60歳になりお金を受け取るときには、一括または分割どちらかを選べます。もしも60歳以前に高度障害になってしまった場合には、その時点で受け取り可能です。また、本人の死亡時には遺族が受け取ることになります。